ライスマンの飯テロブログ

三度の飯よりメシが好きなライスマンが、美味しいものを記録していくブログ。すなわち飯テロ。

よく人に道を聞かれるし、写真を撮ってとお願いされる。なんでだ?

どうも、ライスマンです。

何故か僕は道を歩いていると、よく声を掛けられます。

店のキャッチとかは除いてですよ。

日本人にも外国人にも道を聞かれる

中学生とか高校生ぐらいの頃から、道を歩いてると「○○駅ってどっちですか?」とか、「○○ホテルの方に行きたいんですが」って声をかけられます。

何人かで歩いていても、僕にだけです!

不思議なのは、日本人だけじゃなくて外国人の人も聞いてくるんですよね。

 

今でも印象的なのは、とある都内の駅の改札をでるとすぐに、中国系の方にこう話しかけられました

デンキ!ドチ? デンキ!デンキドチ?

ドチはどっち?ということはすぐ分かりましたが。

デンキってなんだ!!!!

脳みそフル回転で出した結論は、あ!たぶんヨドバシカメラのことだ!

「デンキ!アッチ!デンキ!マッスグ!」

となぜか自分まで訛って返しておきました。

本当にヨドバシカメラだったかは今も不明。

旅行先でも道を聞かれる

でかいスーツケースをゴロゴロひいて、首からカメラをぶらさげて歩いている人がいたら、どう見ても地元の人ではなくて観光客ですよね?

僕はそんな感じで観光地にいても、道を聞かれるんです。

「すみません、東京からきてわからないんですが、○○ってどうやっていけばいいかご存じですか?」

 

・・・

 

あの僕も東京からなので…

 

 

 

「あ、そうなんですか、どう行くかわからないですかね?

 

 

東京から来てるって分かっても聞いてくるってどういうことじゃー!笑

ていうか目の前に交番あるだろーー!!

 

海外に行っても聞かれる

百歩譲って国内ならわかります。

これが困ったことに海外にいっても聞かれるんです!

ちなみに何カ国か行きましたが、行くたびに100%聞かれました。

 

韓国を歩いていると、白人が近づいてきて、聞いてきました。

 

「 I want to go to ○× Center. Which direction? 」

「LEFT! OR! RIGHT!」

 

いやいやいやわからないよ、、しかも迫力あって怖いよ…

わからないので適当に「RIGHT!」と叫んでおきました。

(後で調べたらあってました。ふぅ。)

 

韓国で聞かれるならわかるんですよ。

白人からしたら僕が日本人かどうかなんて分からないですからね。

 

ところがアメリカに行った時、空港に降り立って、入国審査に無事通過し、出口ゲートから出てアメリカにやっと入ったその数分後です。

斜めがけのかばんに、でかいスーツケース、カメラをもっている状態の僕に、小さなかばんをもった黒人の女性が近づいてきました。

 

 

Where can I get a taxi?

 

 

でたーー!!!聞かれたーー!

まだアメリカにきて数分後ですけど…

 

どう見てもアメリカに観光にきたアジア人でしょ!

 

しかもよく見ると話しかけてきた人の上に思いっきり

[ ↑ Taxi Bus] ってかいてあるじゃないかーー。

 

サインを指差しながらギリギリ案内できました。

 

道の話以外でも話しかけられる

「写真とってください」はもちろんのこと、「ねえ、どうやってこの携帯で写真を転送するの?」とか、「この炊飯器は、こっちと何が違うの?」などなど…

日本でも海外でもこんな具合です。

なんでそんなに話しかけれるんでしょうか?

 

そんな話しかけやすそうな感じなのかなあ。

 

でもそれって隙がありそうってことですよね。

 

なんか嫌だなあ笑

 

 

「気まずい」が100%なくなる話し方

「気まずい」が100%なくなる話し方