ライスマンの飯テロブログ

三度の飯よりメシが好きなライスマンが、美味しいものを記録していくブログ。すなわち飯テロ。

【大型バイク】オイル交換は自分でやったほうが絶対良い。安いし。

f:id:danny_riceman:20160603115149j:plain

今日は絶好のツーリング日和でしたね。

僕は1400ccの大型バイクに乗っているので、こんなカラッと晴れている日はツーリングに行きたくなります。

ところでライダーのみなさんは、オイル交換はどうされてますか?

僕はバイクのメンテナンスがぱぱっと出来るほど知識はないので、普段はバイク屋に色々とメンテナンスしてもらっていますが、オイル交換だけは自分でやります。

なぜなら圧倒的に安いからです!笑

僕は3000kmに1回、オイル交換をしています。

そして2回に1回は、オイルフィルターも交換しています。

自分でやったら半額以下になった

僕のバイクはエンジンオイル量が4Lをこえるのでそれだけでも高いのですが、バイク屋の工賃を含むと全部で1回1万円弱ほどでした。

なんとなくオイル交換って汚れるし、オイルの処理が面倒くさいし、まかせちゃえばいいやと思ってたんです。

それが自分でやると、オイルフィルター交換の時でも4000円ちょっとでできるようになりました。

半額ならもう自分でやったほうがいいやということで、今は自分でやっています。

走行距離にもよりますが、年に3回交換するとすれば、1万円以上の節約です。

最初だけ必要なもの

一番最初だけは工具を揃えないといけません。

でもそんな高くないので、これから自分で交換するひとは買っちゃいましょう。

レンチ

ドレンボルトを外すのにいります。

E-Value ロングメガネレンチセット ミリサイズ 6本組 EMW-06S

E-Value ロングメガネレンチセット ミリサイズ 6本組 EMW-06S

 

 

フィルターレンチ 

フィルター交換の時に、フィルターをはずすのに使います。

自分の車種のフィルターサイズ似あわせて、レンチのサイズを選びましょう。 

エーモン フィルターレンチ 小径用 55~75φ対応 G702

エーモン フィルターレンチ 小径用 55~75φ対応 G702

 

ジョウゴ

これがないと高確率でこぼれます笑

エーモン ジョウゴ 伸縮式(伸270mm・縮140mm) G701

エーモン ジョウゴ 伸縮式(伸270mm・縮140mm) G701

 

交換毎に必要なもの

エンジンオイル

オイルは人によってこだわりがあると思うので、好きなものを買いましょう。

特にこだわりがない人のために、コスパが良い僕のオススメのオイル貼っておきます。

CASTROL(カストロール) エンジンオイル POWER1 4T 10W-40 MA 部分合成油 二輪車4サイクルエンジン用 4L [HTRC3]

CASTROL(カストロール) エンジンオイル POWER1 4T 10W-40 MA 部分合成油 二輪車4サイクルエンジン用 4L [HTRC3]

 

オイル廃棄用ポイパック

このダンボールの中に、紙くずで満たされた袋が入っていて、そこに使用済みのオイルを入れるとゴミとして捨てられます。

オイル交換時は車体の下にこのダンボールを開けておいて、ドレンボルトを外せばOK!

箱の大きさはご自分のバイクのオイル容量に合わせて選んでください。

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604

 

ドレンワッシャー

ドレンワッシャーは毎回変えるので、いっぱい入ってるやつを買った方がやすくていいですね。

サイズに注意してください。

デイトナ(DAYTONA) ドレンワッシャ オイルドレンボルト用 M12×10枚 75420

デイトナ(DAYTONA) ドレンワッシャ オイルドレンボルト用 M12×10枚 75420

 

オイルフィルター

僕は2回に1回交換しています。

車種にあったものを買いましょう。

デイトナ(DAYTONA) オイルフィルター カートリッジ式 67927

デイトナ(DAYTONA) オイルフィルター カートリッジ式 67927

 


そろったら交換するだけ!

実際のボルトの位置などは、バイクによって全く違うので紹介できませんが、あとはオイル交換をするだけです!

手やバイクがオイルで汚れるので、ウエスやいらなくなった古着を切ったものなどを用意してください。

僕はゴム手袋をしてやってます笑

 

簡単な交換の流れ

参考程度に、交換の流れをかいておきます。

  1. エンジンを少し暖気しておく。
  2. センタースタンドをたてて、バイクの下(ドレンボルトの下)にポイパックをセット!
  3. ドレンボルトをレンチで緩める。この時ドレンボルトがポイパックに落とさないように注意!落とすと汚いオイルの海からボルトを手探りで探すはめに笑
  4. すべてオイルが出たと思ったら、新しいドレンワッシャーでドレンボルトを締める。
  5. (オイルフィルターも交換する場合は、フィルターレンチでオイルフィルターを外す。新しいオイルフィルターのパッキン部分に、指でオイルをぬって、手でオイルフィルターをはめる。フィルターレンチではめないように!)
  6. あとはオイルを規定量いれて終わりです!