ライスマンの飯テロブログ

三度の飯よりメシが好きなライスマンが、美味しいものを記録していくブログ。すなわち飯テロ。

臭い足がミョウバン水でほとんど臭わなくなった話

今年に入って、靴を脱いだ時に急に自分の足が臭い!!!!と思うようになりました。

靴が変わったとか、汗かくようなことしたとか、そういうわけじゃないんですけど、突然匂う様に…。

 

靴を変えても、靴下を変えても、消臭スプレーをしても、臭い!!!

ミョウバン水だけは効いた

あまりにも臭いので、家に帰ったら靴下を脱いで足を洗って新しい靴下を履くようにしていました。

 

いろいろ調べていたら、ミョウバン水なるものが足の匂いに効くというので、やってみら、これが大当たり!

 

全然臭わなくなりました。やったー!

 

ミョウバン水(原液)の作り方

材料

  • 焼みょうばん 15g
  • 水道水 500ml

 焼みょうばんはスーパーにありますよ。

ケンエー 硫酸アルミニウムカリウム(乾燥) (焼ミョウバン) 100g

ケンエー 硫酸アルミニウムカリウム(乾燥) (焼ミョウバン) 100g

 

 

作り方

  1. 水道水と焼みょうばんを空のペットボトルに入れてよくふる
  2. 数日置く

たったこれだけです!

みょうばんが完全に水に溶けるまで、しばらくかかります。

 

ミョウバン水の使い方

先ほどの原液は、そのまま使うと濃度がこすぎるので、さらに水で10倍ぐらいに薄めたものを百均で売っているような小さなスプレーボトルに入れます。

それをお風呂のあとや靴下を履く前に脚にシュッシュとして乾かしてから、靴下を履くだけです。

 

ぼくは朝にシャワーを浴びるので、そのあと足裏にスプレーしてから靴下をはきます。

会社についたら、スリッパに履き替えてたんですが、その時点でまえは臭かったんです。

それがこのミョウバン水でスプレーすると全然気にならなくなりました。

というか足に鼻を近づけて直に嗅いでも、靴の革の匂いしかしない!効果絶大!

 

一日中靴を履いている場合は、だんだん臭ってくる時もありますが、そんな時はトイレの個室にでもはいって、シュッとスプレーすればまた臭わなくなります。

 

ミョウバン水がなぜ効いたのか?

そもそも足の匂いは、皮膚にいる雑菌が、皮脂など分解することで発生しています。

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。酸性下では、多くの雑菌は生存できません。

つまり、匂いの原因となる雑菌を殺菌してくれているってことですね!

 

まとめ

足が臭くないだけで快適です!

友達の家に上がるときも怖くなくなりました。笑

焼みょうばんは数百円で入手することができますし、足が臭くて悩んでいる人は試してみてください!!!